某貸衣装店

2018/01/09

 

昨日、某振袖貸衣装業者が、
成人式の振袖レンタルや着付けの予約を取っていたのに
予告無く、サービス提供をしなくなり
連絡がつかない状況になっているとのニュースを見ました。

新成人の皆様には衝撃のニュースだと思います。
もし、自分の衣装が当日無かったら…
と想像しますと、被害に遭われた方はもちろん、
そうでない人も不安を感じることでしょう。

ニュース上でしか得ていない情報で恐縮ですが、
仮に、計画的倒産をされたとすると、
経営者の考え方は理解できないころがございます。

 

この業界(貸衣装業)は主に、人生の通過儀礼
お宮参りから始まり、七五三、成人式、卒業式、結婚式など
ほとんどのお祝い事に携わる仕事なので
働いているスタッフもそういう事に携わりたいスタッフばかりで、
心の温かい人ばかりなのです。

そのような人を雇う側の経営者が、
そんな無責任な事をすることに理解ができません。
事実はわかりませんが…

実際に福岡の店舗ではスタッフの皆さんがボランティア(無給)で
当日、店舗営業なされたようですが、
私も当然そのようにすべきだと思います。
そんな責任感の強い人たちが頑張っている業界なのです。

そのような意味でも、このニュースは私たち同業者としても
衝撃で経営者には怒りすら覚えます。

 

福岡のスタッフの皆さんについては
成人式当日は通常でも前日から泊まり込みだったり
大変な日なのに、お客様への説明だとか
とてもご苦労なされたことと存じます。
そのお気持ちは同業者として私共も誇りに思います。

ただ、被害に遭われた方々はもっとお辛い気持ちでしょうし、
やりきれない思いだと存じます。
心よりお見舞いを申し上げます。