結婚式服装マナー(男性編)ゲストの服装とマナー

結婚式

「結婚式に出席する時って、何を着たらいいの?」
フォーマルな場は、服装のルールがたくさんあって迷ってしまいますよね。
そこで今回は、結婚式におけるゲストの服装マナーをご紹介します。

タキシードまたはブラックスーツかダークスーツがおすすめ

ブラックスーツ

結婚式には、どの立場で出席するかによって着るものも異なってきます。例えば、主賓や親族はモーニングやディレクターズスーツ、タキシードが一般的。友人や同僚などは、タキシードまたはブラックスーツやダークスーツなどがベーシックな装いとなっています。
ただし、黒色や暗い色であれば、どのようなスーツでも良いという訳ではありません。ビジネススーツとは別に結婚式などフォーマルな場に出席する用のスーツを用意しておくことをおすすめします。

男性ゲストの服装マナー

ブラックスーツ

・スーツ
定番はブラックスーツです。ただし、ビジネススーツは避けましょう。禁止されているわけではありませんが、「仕事帰りについでに結婚式に寄った」という印象が出てしまうため、避けるのが得策です。

ビジネススーツと違い、光沢の無い黒スーツを着用しましょう。ストライプ柄は薄ければ、着ても問題はありません。一方で、新郎新婦と色が被ってしまうホワイトや、目立ちすぎるカラーはNGです。
パンツはシングル裾にしましょう。よりスタイリッシュな装いに仕上がり、フォーマルな場によく合います。
最近ではタキシードを着用なさる方が増えています。ドレスアップすることで祝福しているという意味を持ちます。

・ベスト
ブラックスーツは暗い印象になってしまいがちです。そのため、グレーやシルバーなどのベストを着用して、装いに軽やかさを出しましょう。スーツがグレーの場合は、ベストは同色または黒や濃紺カラーにするのもおすすめです。
タキシードの場合はカマーバンド(太いベルトのようなもの)を着用することが多いです。

・シャツ
ゲストが着るシャツとして一般的なのが、レギュラーカラー(プレーンな襟)で白無地のワイシャツです。さまざまなジャケットやネクタイともコーディネイトしやすいため、持っていて損はない万能アイテム。白色以外にも淡いブルーやピンクなどのシャツもおすすめです。ファッション全体が華やかになり、ドレッシーな印象になります。
タキシードの場合はウイングカラーシャツを着用します。

男性ゲストの小物マナー

・ネクタイ
ネクタイはパステルカラーや白黒の縞柄、シルバーグレーが一般的です。
黒色のネクタイは、喪服をイメージさせるため、避けましょう。
派手すぎないのであれば、柄物も可とされています。
タキシードの場合は黒の蝶ネクタイまたはクロスタイを着用します。

・チーフ
フォーマルな場ではポケットチーフを忘れずに挿しましょう。素材は麻または、シルクを選びます(無地が基本)。それをスリーピークス折り(角が3つできる折り方)にし、ポケットに挿します。

・靴
結婚式に出席する際は、黒色、内羽根式、ストレートチップまたはプレーントゥの革靴が一般的です。ややカジュアルな式典であれば、ダークブラウンもおすすめです。紐靴でない靴や、明るすぎるブラウンなど、カジュアルな印象のものは避けましょう。

・靴下
靴下は、黒色がスタンダード。白色は着用しません。また、カジュアルな場であれば、柄物でも可と考えられています。丈は、足首が隠れるものを着用しましょう。

・バッグ
大きな荷物は、マナー違反と考えられています。バッグなどの荷物はクロークに預けましょう。財布や携帯電話などの貴重品はポケットに入れ、バッグは持ち歩かないのが基本です。ポケットに入らないほど荷物があるのなら、クラッチバッグ(持ち手が無いバッグ)に入れます。ですが、クラッチバッグもなるべく目立たず、小さめのものが無難です。

まとめ

男性ゲストにも、守るべき服装マナーがたくさんあります。少し面倒に思ってしまうかもしれません。ですが、大切な人の結婚式のためにも、しっかりチェックしてから出かけてみてはいかがでしょうか。

服装マナーガイド