結婚式二次会服装マナー(男性編)

パーティー

大切な家族・親しい友人などから、招待された結婚式。当日は予定が合わず、結婚式の二次会から参加することもありますよね。

結婚式ほど厳格な服装マナーはありませんが、「何を着ていったら良いの?」
と思われる方もいるかもしれません。そこで今回は、男性ゲストの二次会服装マナーをご紹介します。

「二次会=カジュアルな服装」という訳ではない?

NG

「結婚式の二次会は、カジュアルな服装で行こう」
と考えている方もいるかもしれません。招待状に「平服でお越しください」と記載があると、そう感じやすいですよね。この場合「平服」というのはタキシードなどの正礼装ではなく、「ダークスーツなど」という意味になります。二次会と言えども服装はフォーマルさを意識した方がベターです。Tシャツやジーパン、サンダルなどのラフな格好はマナー違反ですので避けましょう。

結婚式二次会の定番服装マナー

スーツ

・ダークスーツ
ネイビーやグレーなど、ダークカラーのスーツが定番の服装です。印象が暗くなりすぎる場合は、ライトグレーなどのベストを着用し、華やかさをプラスするのもおすすめ。

・ワイシャツ
白色の無地が一般的。襟はレギュラーカラーやウィングカラーがおすすめです。カジュアルな会場では、パステルカラーや、柄が入ったシャツも良いと考えられています。

・ネクタイ
無地の白色やシルバーのネクタイを合わせることが多いです。ややカジュアルな会場であれば、淡いカラーなどオシャレを楽しんでも問題ありません。

・靴
内羽根のストレートチップ又はプレーントゥタイプの黒色革靴が基本です。光沢のあるエナメル素材を合わせるのもGood。フォーマルさを崩さないためにも、スニーカーやサンダルは避けましょう。

二次会のNG服装マナー

・新郎新婦より目立つ服装
カラフルな柄ものなど、新郎新婦より目立つ服装は好まれません。白やシルバーグレーのスーツなど、新郎を思わせるコーディネートも避けましょう。

・黒一色の服装
黒スーツに黒ネクタイ、と黒一色の服装は葬式を連想させるため、避けるのがマナーです。黒スーツを着用する場合はネクタイやベスト、チーフなどの小物で華やかに仕上げましょう。

【場所別】二次会のおすすめコーディネート

・ホテル、高級レストラン
格式の高さが感じられる会場では、結婚式と同様の服装マナーで出席しましょう。二次会だからと言って、カジュアルな服装で出席して浮いてしまうことも。そうならないためにも、フォーマルウェアが無難です。招待状に書かれていなくとも、ホテルやレストランにドレスコードが定められている場合もあります。事前に会場のサイトなどでチェックしてみておくことをおすすめします。

・ややカジュアルなレストラン、バー
少しカジュアルさのあるレストランでも、スーツなどのジャケットスタイルが定番です。
ただし、ホテルよりも服装マナーは少し緩め。色や柄のついたシャツやネクタイも着用可とされています。このときも靴は革靴が基本です。茶色や紐なしの靴でも可とされていますので、全体のコーディネートと合わせて選ぶのも良いですね。

・カフェや居酒屋
カジュアルなお店での二次会も、ジャケットスタイルがお勧めです。ネクタイやシャツは着用しなくともかまいませんが、ジャケット+パンツスタイルがおすすめです。居酒屋やカフェであったとしても、当日はお祝いの場。カジュアルすぎる服装よりも、少しフォーマル感ある服装で行くことが、お二人を祝福しているという意味になります。

まとめ

結婚式ほど厳格ではありませんが、いくつかのマナーのある二次会。この機会にチェックして、当日スムーズに出席できるようにしたいですね。
ぜひ参考にしてみてください。

服装マナーガイド