披露宴服装マナー(女性編)

披露宴

「披露宴に出席するけど、どんな服装で行けば良いの?」
と思われる方もいるかもしれません。フォーマルな場は、服装マナーがいくつかあるので、迷ってしまいますよね。そこで今回は、女性ゲストが披露宴に出席する際の服装マナーをご紹介します。

女性ゲストの定番はフォーマルドレス

フォーマルドレス

結婚式・披露宴に女性ゲストが出席する際は、フォーマルドレスの着用が一般的とされています。露出が過度でなく、上品さのあるドレスは披露宴にぴったり。華やかさのある小物を選ぶことで、よりフォーマルな装いになります。最近は自身で用意する以外にも、フォーマルドレスをレンタルする方も増えています。アクセサリーやバッグ等もセットでレンタルできるため、準備する時間が無いという方は、そうしたサービスを使うのも良いかもしれません。

【女性ゲスト編】披露宴の服装マナー

パールネックレス

・ドレス
フォーマルな印象のドレスを選びましょう。小物を選び黒一色にならないのであれば、黒のドレスでも可です。露出は少なめで、上品なものの方が好まれます。ノースリーブなど、露出部分が多くなる場合はショールなどの羽織ものを着用するのがマナーとなっています。

・ヘアセット
アレンジをしていない髪型だと、ドレスを着てもカジュアルに見えてしまうことも。
それを防ぐためにも、アップヘアにするのがおすすめです。会場周辺や駅近くのサロンなどで、髪をセットしてから出席してみてはいかがでしょうか。

・靴
細いヒールの靴を履くのが一般的です。ヒールの高さは5cm以上が好ましいとされていますが、妊娠中など体調面を考慮してローヒールやフラットシューズを選んでもOK。

・アクセサリー
パールなど、上品でフォーマルな印象のアクセサリーを選ぶのが定番です。揺れるアクセサリーは、「家庭が揺れる」として好まれませんでしたが、最近は着用可と考える方も増えてきました。派手すぎないアクセサリーをつけたいですね。
なお、腕時計は控えましょう。
「帰る時間を気にしている」といった印象が出るため、フォーマルな場ではNGとされています。

・バッグ
小ぶりのフォーマルバッグがおすすめです。ドレスにも映える華やかさのあるものを選んでみてはいかがでしょうか。フォーマル感が高まり、披露宴らしい装いになります。

気をつけたい!披露宴でNGな服装

・白色のドレス
白色は花嫁の色と考えられています。そのため、ゲストが白色のドレスを着用するのは厳禁。
ドレスだけでなく、小物やバッグにも白を使うのは避けたほうが良いでしょう。

・黒一色のコーディネート
葬式を思わせる黒一色のコーディネートは、結婚式や披露宴で好まれません。
黒を着る場合はバッグや靴を華やかなものにするなど、暗い印象にならないよう調節するのが基本マナーです。

・アニマル柄
動物の殺生を連想させるため、アニマル柄はNGです。靴やバッグも一目見て革素材とわかるものは避けたほうが無難。ファー素材も控えることをおすすめします。(近年では良いと考える方も増えています)

・光りもののアクセサリー(日中)
昼間に行われる式典では、キラキラと光るアクセサリーは避けます。撮影時に、カメラのフラッシュがアクセサリーに当たり、写真うつりが悪くなると考えられているためです。
周囲への配慮としても、着用するのはやめたほうが無難でしょう。パールなど、シックなアクセサリーをつけることをおすすめします。

・オープントゥの靴
カジュアルな印象が強くなりがちなため、つま先の見える靴は控えましょう。

・黒色ストッキング
葬式をイメージさせる黒色ストッキングは避けたほうが無難です。肌になじむナチュラルカラーのものを着用するのが基本。

まとめ

今回は披露宴に出席する際の女性ゲストの服装マナーをご紹介しました。新郎新婦へのお祝いの気持ちを表すためにも、マナーを守った服装で出席したいですね。
ぜひ参考にしてみてください。

服装マナーガイド