結婚式二次会服装マナー(女性編)

ワンピース

「結婚式の二次会って何を着ていけば良いの?」そう思われる方も多いかもしれません。
結婚式ほど厳しくはないのですが、いくつかマナーがあります。そこで今回は、女性ゲストの二次会服装マナーにスポットあて紹介します。

「二次会=カジュアルな服装」という訳ではない?

シャンパン

「二次会だから、普段着で行こう」
と考えている方もいるかもしれません。招待状に「平服でお越しください」と記載があると、そう感じやすいですよね。二次会と言えども、フォーマルなお祝いごとの空間です。フォーマルさを意識した服装がベターでしょう。二次会の定番服装は、ドレスやワンピース。挙式や披露宴ほど厳格な決まりはありませんが、いくつかのマナーを守って華やかに装いたいですね。

結婚式二次会の定番服装マナー

ドレス

・ドレス、ワンピース
上品さや華やかさのあるドレスやワンピースが定番の服装となっています。ノースリーブタイプの場合は、ジャケットやショールで露出部分を減らしましょう。

・ヘアメイク
華やかさをプラスするためにも、アップスタイルにするのがおすすめです。

・靴
低いヒールもNGではありませんが、細いヒール(3cm以上)のパンプスがおすすめです。
ドレスともよく合い、華やかさも出ます。カジュアルな印象となるサンダルやスニーカーは避けましょう。

・バッグ
小ぶりのクラッチバッグが一般的です。普段使いのビジネスバッグや、大きすぎるバッグはあまり好まれません。フォーマル感のあるものをおすすめします。

二次会のNG服装マナー

NGドレス

・・新郎新婦より目立つ服装
カラフルな柄ものなど、新郎新婦より目立つ服装は好まれません。白色のドレスなど、新婦を思わせる服装はNGです。

・黒一色の服装
黒一色の服装は、葬式を想起させるため避けましょう。黒のドレスがNGとされているわけではありませんので黒一色にならないように、羽織ものやバッグ、小物で色をプラスするとGoodです。

・毛皮のコート
毛皮のコートは動物殺生を連想しやすいため、最近では、あまり好ましくないとされています。寒い季節は毛皮素材以外のコートを羽織りましょう。

・過度な露出
膝上10cm以上のミニ丈や、胸元が見えすぎるなど、露出が多い服装は結婚式の二次会でも好まれません。露出部分が多い場合は、ショールなどの羽織ものでカバーしましょう。

【場所別】二次会のコーディネートポイント

・ホテル、高級レストラン
格式の高さが感じられる会場では、結婚式と同様の服装マナーで出席するのがおすすめです。カジュアルな服装だと、会場で浮いてしまうことも。会場のホームページなどで事前に雰囲気を確認してみるのも良いかもしれません。

・ややカジュアルなレストラン、バー
ワンピースやドレスが一般的です。カジュアルになりすぎないよう、ヒールのあるパンプスを履くなど、適度なバランスで小物を選ぶようにしましょう。

・カフェや居酒屋
カジュアルな場所だからと言って、Tシャツやデニム、サンダルといったラフなコーデはNG。ワンピースや、ブラウス+スカートなどの組み合わせが基本です。ヘアセットやアクセサリーで華やかさをプラスし、普段の飲み会の雰囲気とは少し装いを変えることをおすすめします。新郎新婦の意向でデニムOKなどの場合は、着用しても問題ありません。

まとめ

結婚式ほど厳格ではありませんが、二次会の服装にもいくつかマナーが存在します。
定番はドレス(ワンピース)とヒール靴。二次会だとしても、カジュアルになりすぎないよう注意しましょう。当日スムーズに出席するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

服装マナーガイド