【ネクタイの種類と結び方】

社会に出ると、ネクタイを着用する機会は多くなりますよね。
今回はそんなネクタイについて、フォーマルな場でのつけ方をご紹介します。
身近なフォーマルシーンというと、結婚式。
ゲストで呼ばれた際は、無地のシルバー・白色のネクタイがおすすめです。
そのほか、ネクタイの種類や結び方も合わせてチェックしてみてください。

結婚式におすすめなのは無地のシルバータイ

結婚式にゲストとして呼ばれた際におすすめのネクタイは、シルバーのものです。
フォーマルな装いという印象が強まり、結婚式・披露宴にぴったり。
白色のネクタイをつける方も多いでしょう。

ビジネス・カジュアルシーンにつけているネクタイだと、普段着な印象になってしまうことも。そのため素材は光沢のあるものがおすすめです。
白地にシルバーでストライプ柄が入っているものなどもありますので、結婚式用に1本用意しておくのも良いかもしれませんね。
また、蝶ネクタイやアスコットタイも、華やかな印象になるため、おすすめです。
一方で、NGなネクタイは黒色無地のもの。
お葬式を連想させるため、避けましょう。
また、アニマル柄も殺生を想起させるため、着用しないのがマナーとなっています。

ネクタイの種類

レギュラータイ(ダービータイ)

結び目を作り、下げるタイプのネクタイ。
ネクタイで最も一般的な形で、「ダービータイ」とも呼ばれています。
大剣の幅は、7~8cmのものが多いですね。
しっかりとクラシカルな印象となり、ビジネスシーンにもおすすめです。

蝶ネクタイ

襟部分で蝶結びをし、リボン状の形が目印の蝶ネクタイ。
華やかな装いになるため、フォーマルシーンで活躍します。
一般的にはNGな黒色も、蝶ネクタイであれば可と考えられています。
18時以降の着用が好ましいとされていますが、近年は日中の結婚式につけていく方も増えています。

ナロータイ

レギュラータイよりも細めの、大剣の幅が4~6cmのタイです。
シャープな印象で、モードなタイトスーツによく合います。
光沢のある素材を選び、カジュアルウェディングやパーティに着用していくのも良いですね。

アスコットタイ

華やかでエレガントな印象になる蝉型のアスコットタイ。
スカーフのようにつけたり、リングで留めてみたりと、アレンジの幅が広いのも特徴です。
ウィングカラーシャツと合わせてクラシックにプレーンノットで結ぶと、紳士なイメージに。
カジュアルなパーティーにも合わせやすいタイです。
日頃からジャケットスタイルが多い方は、1本持っておくと便利かもしれませんね。

ネクタイの結び方

光沢のあるフォーマルな素材のネクタイでも、
結び目がゆるいと、だらしない印象になってしまいます。
スタイリッシュな装いにするためにも、しっかり結び目を作りましょう。
フォーマルでもビジネスでも映える結び方は「プレーン・ノット」です。

1. 大剣(幅が広い方のタイ)を長めにとり、小剣の上に重ねます。
2. 大剣を後ろに1周まわします。
3. 上部にできた輪っかに、大剣を通します。
4. 結び目の形を整えましょう。
5. 小剣を引っ張り、全体的に形を整えて完成です。

結び目の下に「ディンプル」というくぼみを作ると、
ネクタイが立体的に見え、華やかさが増します。

まとめ

今回はネクタイの種類と結び方をご紹介しました。
ネクタイにも様々な種類があり、つけ方で雰囲気も変わります。
お祝いの気持ちを表すためにも、その場にあったタイで出かけてみてはいかがでしょうか。